スポンサーサイト

Posted by yukie-sonia on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹座の新月と黄色い種の最終月

Posted by yukie-sonia on 28.2014 占星術 0 comments 0 trackback
こんばんは。

今日、マヤの13ヶ月の暦では、
「黄色い銀河の種」年の最後の28日間に入りました。
13ヶ月目、「宇宙の月」です。

「黄色い銀河の種」を確認してみましょう。、

「黄色い種」のキーワードは、
生命の種、開花の力、目覚め・・・

前年の大きな嵐(青い共振の嵐)によって、耕された土壌。
より幸せに、より喜びを感じるために、
そこに、新しい種を、蒔いていく。

前年の「周囲と調和」(共振)することに加え、
「自分と宇宙」とのつながり(銀河)も意識して。

「自分の信じることが、宇宙の目的と合っているか。
信じるように、生きているか。」

という「黄色い銀河の種」からのメッセージ。

最終の13ヶ月目、「宇宙の月」には、「越える」という意味があります。

人や物や宇宙のすべては、
時間の中で動いています。

生命あるものすべては、
振動という運動状態にあります。

それがみずからを存続させ、存在するためには、
現状維持という姿はありえず、たとえどんなにゆっくりであろうとも、
常に自分自身を乗り越えていかなければならないのです。

「マヤ暦新年~黄色い銀河の種~」(2013年7月26日ブログ)
http://ameblo.jp/yuup-sonia2010/entry-11580823848.html


信じることが宇宙の目的と合っているなら、
きっと、宇宙からのサポートがやってくるでしょう。

13ヶ月目、小さな一歩でもいいから、今を越えるために、
自分の中で、大事にしてきた信念を、
行動にうつせるとよいですね。

さて今日は、ホロスコープ上でも、
節目のタイミングを迎えています。

本日17時9分、蟹座5度37分にて、太陽と月がコンジャンクション(合)、蟹座の新月です。

太陽は、5日前より蟹座に入りました。
牡羊座から始まる、12星座は「魂のストーリー」を表すと言われています。
(参考:「神秘のサビアン占星術」 松村潔著)

牡羊座「目的の探求」

牡牛座「実体化」

双子座「知性・思考の形成」

牡羊座で、純粋なエネルギーだった魂は、
牡牛座にて、自らの肉体的な体験を深め、
双子座で、もっと広い世界に出て、新たな発見をしたいと旅に出ます。

1つ前の星座を、思いっきり体験した後、
足りない部分を補うように、次の星座が現れます。

双子座では、魂は、好奇心旺盛に発見の旅に出て
新しい活動領域を求め、才能を開花させたいと自由に動きますが、

双子座後半では、「知識だけが重要なのか」と、
疑問を持つようにもなっていきました。

そこで、蟹座において、
共感や情感、愛を体験するようになっていきます。

12星座は、3星座ずつ1つの運動宮を形成しており、

牡羊座・牡牛座・双子座
=個人の可能性と能力を築き上げるステージ

蟹座・獅子座・乙女座
=親しみを持って参加できる、狭い範囲の社会との結びつきが深まるステージ

となっていきます。

家族の星座といわれる「蟹座」からの3星座は、
家系・伝統国家など、集合的なフィールドに、
自分の才能や能力を植え付け、これまでの個人的な生き方の限界を突破しようとします。


★蟹座の前半(1度~15度)
「決断」 自己犠牲的な意思決定

双子座までの限界を超えるために、
あえて、自らの意思を抑える世界に入っていく。
個の意思は圧迫され、他者の権威から犠牲を強いられる。

しかし、ここで大きな視野に立って、犠牲的な決断をすることによって、
自分の身近な感情にも、深い価値を見いだし、
新しい情緒、新しい心の満足を得られるようになる。


★蟹座の後半(16度~30度)
「統合」 伝統を受け入れ、創造力の基盤とする。

個人より大きな集合的な場に自我が吸収され、
社会性や集合性を受け入れる。

これは平凡さを受け入れることでもあり、その結果穏やかで
思いやりの深い人柄になり、小さな日常もないがしろにしない
態度が身につくようになる。

家系や地域社会といった集合的なフィールドに、
表面ではうかがい知れない深みが存在していることに気付く。


今日からの28日間は、
マヤの13ヶ月の暦では、「黄色い銀河の種」の年、13ヶ月目「宇宙の月」であり、
太陽(エネルギー)は、蟹座の位置から降り注がれる時期。

ちなみに、1ヵ月後は
マヤ13ヶ月の暦では、「赤い太陽の月」年に入り、
太陽は「獅子座」に入宮しています。

「赤」「太陽」「獅子座」と並べるだけでも、
エネルギッシュだなというイメージ。

蟹座の後半(16度~)は、「獅子座」の創造力を発揮するための、
準備期間にもなっているようです。

来月からのエネルギーに乗るためにも、

あと28日間、
「信じることが、宇宙の目的と合っているのか」(黄色い銀河の種)、

自らの心と対話して、
周囲の人たちの意思(蟹座の太陽)を大切にしながらも、

動きの中で、自らが存在するために(宇宙の月)、
いつもより、もう一歩進んでみる・・・

新しい種を、蒔いておけるとよいですね。


「双子座の新月と発見の旅」
http://ameblo.jp/yuup-sonia2010/entry-11864271739.html

スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

yukie-sonia

Author:yukie-sonia
スピリチュアルカウンセラー(霊媒+審神者)。1999年の異常数の憑依体験(1000人以上/約3日間・寝ず食べず状態)から見えない世界を知る。このとき「地上に楽園を作ること」が使命と知らされる。地に足のついた活動をするため、その後10年社会経験を積んでいたが、2010年天の許しを得て、鑑定士デビュー。のべ7371人(2616人)の鑑定実績。(2017年3月末)
現在「Bring Heaven 天然石オリジナルブレスレット&シルクコードネックレス」店主兼カウンセラーとして、出張鑑定をメインに活動中。
近年は、最新の代替医療(エネルギー療法)や心理占星術を取り入れた独自のセッションを行っている。
認定資格&受講講座:クォンタム・エントレインメント(QE)、EFT(感情開放テクニック)、マトリックス・リインプリンティング、英国ASIACT認定 オーラソーマ・プラクティショナー、ACE(advanced clearing enegetics)、カイロプラクター、管理栄養士(病院勤務9年)など。

Follow me

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。