スポンサーサイト

Posted by yukie-sonia on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月とカイロンと星気学

Posted by yukie-sonia on 17.2014 占星術 0 comments 0 trackback
皆さん、こんばんは。

占星術は、知れば知るほど奥深く、多くの謎をひも解いてくれます。

英語のアストロロジーの翻訳は、「占星術」以外に、「星気学」と訳されることもあるようです。

つまり、星もエネルギーであり、私たちの生まれた瞬間や、今、現在の星の状態が、一人一人に影響を及ぼしているということ。

占星術というと、「星占い」のイメージが強く、

最初、12パターンの統計学かと思っていたのですが、実は、そうではないんですね。

太陽系の惑星(水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星)に、太陽と月を含めた10天体をメインにして、その配置(どの星座に位置するか、とか天体同士の角度等)で見ていくのです。

(天体=太陽・恒星・惑星・衛星・彗星・星団・星雲 など、宇宙に存在する物体の総称)

そこから導かれた人生の傾向を知るたび、驚かされます。

それは、不思議と、私が普段、霊視してきたものと、つながっていたからです。

それは、古代の先人たちが残してくれた「偉大で貴重な叡智」だと感じます。

今後、このブログ内で、私の視点から見て、お伝えしたいと感じる、星の物語やメッセージを、初めての方にも、わかりやすく紹介していきたいと思っています。

心理占星術のアプローチで世界最高峰の称号を与えられた天才アストロロジャー、占星術師暦42年の重鎮である、ノエル・ティル氏の「心理占星術」の考え方を中心に、お話していく予定です。

興味のある方は、ぜひ、お付きあいください。


今日は満月ですね。

満月とは、太陽-地球-月が、一直線になる状態ですが、
満月と新月のこの一直線が起きるときは、

太陽と月の間に挟まれた地球は、星からの引力が強くなり、
人間の心の奥にある潜在意識も浮かびやすくなります。


占星術(星気学)で、もう少し詳しく見てみましょう。

天体同士がとる角度をアスペクトといいますが、
メジャー(よく使われる)なアスペクトは、

0度、90度、180度(45度、135度)
= ハード(緊張の)アスペクト


60度、120度
= ソフト(調和の)アスペクト


他、72度や165度などもあります。(ノエル・ティル式)


昔は緊張が凶で、調和が吉とされてきた考え方があったようですが、
今はそうではなくて・・・

ソフトアスペクトは、すでに調和しているために、変化しにくい状態を表し、
ハードアスペクトのほうが、困難のために「変わらざるを得ない」、 緊張のために、成長を余儀なくされる、との考え方が主流になっているようです。

つまり・・・
満月のときは、太陽と月が180度(オポジション)になります。

その間のエネルギーは、緊張状態にあるわけで、
変わらざるを得ない状況が作り出される、わけです。

さらに、この太陽と月の180度に、他の天体や、また自分自身の出世時の天体との角度とのアスペクトなどを見ていくと、今の星たちが、自分にどのような影響を及ぼしやすいのかが、推測できるのです。

私の例でいえば、今の太陽(魚座に位置)と月(乙女座)の一直線の間に、出世時の冥王星と天王星(いずれも乙女座)、カイロン(小惑星。私の魚座に位置)が、重なっている・・・

そして、その直線に、ちょうど90度に、出生時の太陽(双子座)が位置しているわけです。

どういう意味か・・・

これは、ノエル・ティル氏いわく・・・

「占星家は、占星術について知るよりも、人生について知る必要があります」

つまり、定まったマニュアルではなく、読み手に任される部分があり、読む人によって、解釈も変わってくるということなのです。


よって、私なりの解釈ということで、お聞きいただければと思います。

現行の太陽と月が180度で緊張状態になっていることで、
私の出生時の冥王星・天王星合(0度)とカイロン(180度)、
太陽(90度)の緊張がさらに強まる。

普段でも、見えない力(地球から遠い天体)の象徴である、
冥王星(破壊と再生、変化と成長、極端化)と、
天王星(個性化、激化、反骨精神、革新)が、
太陽(社会的な私)に強く影響を及ぼしているのに、

この時期は、さらに刺激され、自分や社会の成長のために、
自分を変化せざるを得ない・・・

90度(0度、180度)は「成長のための緊張」です。


カイロン(=キロン。土星と天王星の間の小惑星)には、ギリシャ神話があります。

カイロンに充てられた神は、ギリシア神話の『ケイローン』です。
彼はケンタウロス族の賢者で半人半馬の姿をしています。

音楽、医学、狩猟、武術に長けていて、ヘラクレスやアキレスやアスクレピオスの師匠でもありました。

心優しき平和主義者であった彼は、ヘラクレスとケンタウロス族との戦争に巻き込まれてしまいます。

そこで毒矢を受けてしまうのですが、神の血を引く彼は不死身で死ぬことができません。

猛烈な毒の痛み。
死ぬことができない不幸により、その苦しみを永遠に受けることになります。

「素晴らしい賢者なのに、内にものすごい苦しみを抱えている」
このイメージがカイロンに当てはめられているようです。

土星と天王星の間に位置するカイロンは、

精神世界(見えない世界。非常識。天王星~冥王星)と
現実社会(見える世界。常識。土星~水星)を

つなげる役目をもっていたとも言われています。

みんながやっていることにあえて反対し、違う見方をしようとする性質を持っている。
新しいビジョンを求め、新しい進化を目指し、誰もいかない道を進もうとする・・・


でも、それを成し遂げることができず、心の傷を負った。
出生時のカイロンの位置は、自分の過去や前世のトラウマを示していると言われています。


実は、私のカイロンは、なんと魚座の30度(1つの星座は0~30度。魂が来世に生まれ変わる最期)に位置しています。

常識的な価値観から見れば、「あまりにも異質」に映る・・・
それはアウトサイダーであり、孤独な一匹狼・・・

初めて、ケイローンの神話を聞いたとき、心がブルブル震えました。

この痛み、よく知ってる、という感じ(泣)
来世に持ち越すのが、よほど、苦しみだったのでしょう・・・


柔軟宮(魚座、双子座、乙女座。次の季節に移行する星座。変化への対応)の
Tスクエア(180度+90度)の強化は、
自分では意識しなくても、潜在意識が刺激され、変化を促されている感じです。

過去の苦しみを超え、魂の使命を、今世こそ全うするために、
魚座(出生時・第5ハウス=与える愛情)、
乙女座(出生時・第11ハウス=受け取る愛情)のバランスを大切にして、
必要だと感じることを、行動にうつしていく。

先延ばしにせず、今、このブログを書きあげなければならない(笑)と、
今、動いている気がします。


満月が、ピークに近づいているこの時間、
何とか、今の思いをまとめることができました。

私たちは、人間だけで生きているのではなく、自然や宇宙と共に生きています。
自然や宇宙は、私たちに多くのメッセージを伝えてくれています。

このような感じで、今年からは、スピリチュアルカウンセラー☆ソニアならではの「星気学」を、ブログ内容に追加していきたいと思っています。

皆さまの人生に、役立てていただければ幸いです。





関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://info1sonia.blog.fc2.com/tb.php/22-b4e20639

プロフィール

yukie-sonia

Author:yukie-sonia
スピリチュアルカウンセラー(霊媒+審神者)。1999年の異常数の憑依体験(1000人以上/約3日間・寝ず食べず状態)から見えない世界を知る。このとき「地上に楽園を作ること」が使命と知らされる。地に足のついた活動をするため、その後10年社会経験を積んでいたが、2010年天の許しを得て、鑑定士デビュー。のべ7371人(2616人)の鑑定実績。(2017年3月末)
現在「Bring Heaven 天然石オリジナルブレスレット&シルクコードネックレス」店主兼カウンセラーとして、出張鑑定をメインに活動中。
近年は、最新の代替医療(エネルギー療法)や心理占星術を取り入れた独自のセッションを行っている。
認定資格&受講講座:クォンタム・エントレインメント(QE)、EFT(感情開放テクニック)、マトリックス・リインプリンティング、英国ASIACT認定 オーラソーマ・プラクティショナー、ACE(advanced clearing enegetics)、カイロプラクター、管理栄養士(病院勤務9年)など。

Follow me

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。