スポンサーサイト

Posted by yukie-sonia on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朔旦冬至と蠍座の土星~心の枠を外す~

Posted by yukie-sonia on 23.2014 占星術 0 comments 0 trackback
こんにちは。

太陽は、昨日、山羊座入りして、
0度6分で、月と重なり、新月を迎えました。

▼新月(地球から見て、太陽と月が重なるように見える)
新月

そして・・・

昨日、天空ではもう一つ、大きなイベントがありました。
1日のうちで、夜が最も長い日、「冬至」です。

▼冬至の地球(画像の右側)
地球の公転

冬至のこと、去年・一昨年も、ブログでアップしてます。

「真実の探求5~黄泉の国からのメッセージ」
http://ameblo.jp/yuup-sonia2010/entry-11734487088.html

「もう一度、ジョブスの言葉」
http://ameblo.jp/yuup-sonia2010/day-20111222.html

夜の闇が長いため、不安におそわれるとも言いますが、
昔は「死に一番近い日」として、恐れられたそうです。

その厄を払うため、ゆず湯で体を温め、
栄養補給のため、かぼちゃを食べたりしたようです。

1年で、最も夜の長い日。
夜になると、昼は見えない星が見えます。
つまり、見えないものを深く見る、深く感じられる日と言えるでしょう。

新月と重なった冬至は、古代の太陽太陰暦では「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼ばれ、19年周期で訪れる、特別な冬至とされていたそうです。

冬至では、太陽が極限まで弱まりますが、この日を境にどんどん復活していきます。
古代では、「復活の日」ともみなしました。

つまり、太陽と月(新月)の復活の日が重なる「朔旦冬至」は、
非常におめでたい日だとされ、古来朝廷では盛大な祝宴を催したのだそうです。

新月や満月では、太陽と月、地球の引力が強くなるため、海は満潮になり、人間の潜在意識も引っ張られる時。

占星術的には、月は、個人の欲求や感情を表し、
太陽と重なる新月では、それが空っぽになる・・・

つまり「心の浄化」を表し、
新たに始まる28日周期へのリセットをする、そんな時期でもあります。

昨日の長い夜は、
いつも以上に、心の深い部分に気づくような時間になった方も
多いかもしれませんね。

さて、新たな28日間の始まりです。
19年に1回の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」は、
なんと、新しい3ヶ月サイクルの始まりでもある、「山羊座1度」での新月でした。

太陽の位置する星座に沿って、魂は学びを深めてきましたが、
後半の天秤座からは、「集合的、社会的な領域での進化のプロセス」を進めてきました。

天秤座・蠍座・射手座は、他者や環境の中で自己形成をするステージでしたが、この3ヶ月いかがでしたか?

天秤座「集団との関わり。普遍的な知恵」

蠍座「一体化と変化」

射手座「寛容と抽象」

先月までの「魂の学び」については、こちらから。
「射手座の新月。体験を楽しもう!」
http://ameblo.jp/yuup-sonia2010/entry-11955833455.html

毎日の星の動きを意識していると、自然と、
その日のメッセージと重なるようなことが起きてきます。

今、「太陽」の移動(射手座→山羊座)とともに、
「土星」も2年半滞在した蠍座から、射手座に移動しようとしています。
(注:土星は、2015年6月~9月、一時的にまた蠍座に戻ります)

土星は、現実で起こる制限を意識することで、今よりも成長させてくれるような星。
土星には、輪っかが付いていますが、それは、まるで人生に設けた枠のように見えます。

占星術上での土星の「年齢域」(=最も力を発揮する)は、55~70歳頃。
その頃までは、常に、人生の壁のように、自らのテーマとして表れてくるようです。

土星(年齢域:55歳~70歳位。山羊座の支配星。公転周期:約30年)
人生の最終的目標、社会での使命の達成。
この人生で一番大切で実践したいもの。
個人の能力を最大限に発揮する時期。人生の総決算


「天体の意味を知る2~成長の光線と年齢域」
http://ameblo.jp/yuup-sonia2010/entry-11859159022.html

太陽は個人の目的を示すのに対し、土星は社会での目的を示します。

つまり、土星は、長い時間をかけて、魂が育てていきたいテーマであり、この人生で成し遂げたい目的をも示しています。
気になる方は、ご自身の「出世ホロスコープ」で、土星の場所を知っておくのもよいでしょう。

そして、現在の天空にて、土星が位置する星座は、
「(人間共通の)社会全体においての成長」のテーマがあると言ってよいでしょうか。

蠍座は、心の奥深く、潜在意識を表します。

よって、心に設けた枠を壊すようなことが起こりやすく、
社会全体でも、真実でないものは、どんどん浮かび上がってしまう時期。

今、土星は、この2年半の締めくくり。
蠍座30度に位置しています。

特に、この数日、
心の枠を超えるような出来事が起きやすかったかもしれません。

この1ヶ月、射手座の太陽(=生命エネルギー)の滞在時期に、
私自身、普段よりも意識して、フットワーク軽く動いていましたが、

ここ10日位は、いろんな人と出会い、そこでの対話の中で、
自分の中の気付かなかった一面に気づいて、
思い込みの枠を、一気に外せたような気がします。

今回は、射手座のテーマらしく、痛みも喜びも、
現実の中で、体で感じることができました。

2年半前とは、景色が違ってみえるから、不思議です。
(2年半=土星の蠍座滞在)

皆様は、いかがでしたか?
意識するか、しないかで、また起きることも違ってきます。

土星は、24日のAM2時に、蠍座から射手座に移動します。
今日1日は、まだ蠍座ですし、ちょうど冬至の時期でもあります。

今晩も、考えるのを少しやめて、
静かに星を眺めて、心や身体に、
浮かび上がることを感じてみるのもよいでしょう。

何か、悩んでいることがあれば、それを、宇宙に向けて、
投げかけてみるのもよいと思います。

見えている形も、とらえ方によっては、
全く違った意味を持ってきます。

答えを急いで、自分の思い込みで、
心を閉ざしてしまわないように。

思い込みを外して、見えない感覚にも注意していれば、
心に深く響くような答えが、やがて返ってくるでしょう。


山羊座(1ヶ月の魂のテーマ)についてのお話は、
また改めて、書きます。


関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://info1sonia.blog.fc2.com/tb.php/48-e64d057a

プロフィール

yukie-sonia

Author:yukie-sonia
スピリチュアルカウンセラー(霊媒+審神者)。1999年の異常数の憑依体験(1000人以上/約3日間・寝ず食べず状態)から見えない世界を知る。このとき「地上に楽園を作ること」が使命と知らされる。地に足のついた活動をするため、その後10年社会経験を積んでいたが、2010年天の許しを得て、鑑定士デビュー。のべ7371人(2616人)の鑑定実績。(2017年3月末)
現在「Bring Heaven 天然石オリジナルブレスレット&シルクコードネックレス」店主兼カウンセラーとして、出張鑑定をメインに活動中。
近年は、最新の代替医療(エネルギー療法)や心理占星術を取り入れた独自のセッションを行っている。
認定資格&受講講座:クォンタム・エントレインメント(QE)、EFT(感情開放テクニック)、マトリックス・リインプリンティング、英国ASIACT認定 オーラソーマ・プラクティショナー、ACE(advanced clearing enegetics)、カイロプラクター、管理栄養士(病院勤務9年)など。

Follow me

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。